2014年07月31日

元東電幹部3人「起訴相当」検察審査会が議決

福島第一原発の責任は、東電旧幹部にある。
31日、検察審査会は3人について「起訴相当」と判断した。

 

「東電元3幹部 起訴相当」福島原発事故 検審議決 検察、再捜査へ(東京新聞)

今回の議決は、東京地検が不起訴とした処分と正反対。
ここでも一般人と法曹界の乖離がはっきりと証明された。

起訴相当とされたのは以下の3人。

勝俣恒久元会長(74)
武藤栄元副社長(64)
武黒一郎元副社長(68)


議決の決め手となったのは、東電が08年に行った試算。
15メートルを超える津波を試算しておきながら対策を怠ったという判断だ。

本来すべきことをしなかった。
これを不作為として検察審査会は見逃さなかった。

今後、地検は再捜査した上で不起訴か否かを決める。
もし再び不起訴だった場合、検察審査会で再び起訴相当の議決が出れば強制起訴。
その場合は指定された弁護士が検察官役を務める。

検察審査会による2回の「起訴相当」で強制起訴というシステム。
この点については批判も多い。

過去、強制起訴された事件が無罪になっている点が大きなポイント。
しかし、私はそれでもこのシステムが世に示している問題点を評価したい。

現在の検察はあまりにも減点主義に傾きすぎている。
そのため、有罪率がほぼ100%という「誇れない数字」が出ている。

この問題点については、06年有罪率99.9%という記事に書いた。
検事総長ですらこの数字については問題だと認めた。

私は今回の「起訴相当」を支持する

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

女子高生殺害事件、写真削除と実名の晒し

先日、佐世保で起きた同級生による女子高生殺害事件。
ネットでは写真と実名が晒されている。写真削除については異論が寄せられている。

   目

この件については、以下の記事に書いた。

女子高生が同級生殺害、佐世保

佐世保市のHPから、加害者の写真が削除された。

加害女子高生の写真が佐世保市HPなどから削除 ネット上で疑問の声が相次ぐ(ライブドア)

「加害者だけ隠すのはおかしい」という意見について。
私は少年法の精神を守るべきだと考えている。

実名や写真をネットで流すのはただ単に「面白いから」ではないのか?
凄惨な事件を起こす未成年はもちろん、晒す人もどこか病んでいないか。

「悪いことをすれば、名前が晒されるのは当然」と考える人が多いのだろう。
今回の場合も、すでに写真がコピーされまくっている。

今後も実名が晒される?

これって正しいこと?


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


ラベル:佐世保 実名 写真
posted by りゅうちゃんミストラル at 16:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

「スタンド・バイ・ミー」スティーヴン・キング

暑い夏の日、4人の少年たちは死体探しの旅に出かけた。
映画は何度も見たが、小説は初めて読んだ。
   

主人公は将来作家になるゴードン。
10歳年上の兄を事故で失った両親は、大きな喪失感を持ち続けていた。
ゴードンは自分が兄の代わりに死ねべきだったと考えていた。

仲間は補聴器を使っているテディ。
アル中の父親、不良の兄がいるクリス。

そして、死体を見に行かないかと情報を持ってきたバーン。
彼は1セントコインが詰まったビンを探すため、家の近くを掘っていた。

キャンプするという口実で出かけた4人。
途中、列車に追われる場面はまさに冒険もの。

ゴードンが話すパイ大食い大会でのゲロ。
沼地でのヒルなど読んでいて笑ったし昔を思い出した。

4人のその後も描かれる。
事故や火事で2人が死に、クリスは揉め事の仲裁をしてナイフで刺され死ぬ。

大人になったゴードンは、妻に涙を見せない。
そこがまた少年の頃から変わらない彼の特徴でもある。

***** **** ***** ****

この作品、どうしても夏に読みたかった。
キングの場合、痛みを描くことを躊躇しない。
エースたちによる復讐を書くのは彼らしい選択。

映画版ではウィル・ウィートンがゴードン役。
彼はその後、スタートレック「ネクストジェネレーション」に準レギュラー出演していた。

 

大人のゴードンはリチャード・ドレイファスが演じていた。
エース・メリル役は、その後「24」で有名になったキーファー・サザーランド。

そして忘れてはならないのがクリスを演じたリヴァー・フェニックス。
23歳にして薬物の過剰摂取で亡くなったのはとても残念。

***********************
関連記事

827夜『スタンド・バイ・ミー』スティーヴン・キング  

スティーブン・キングの『スタンド・バイ・ミー』〜少年期独特のやりとりが切なく記憶に残る作品〜

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

女子高生が同級生殺害、佐世保

長崎で起きた同級生殺害事件。
容疑者は同級生だった。

   目

長崎・佐世保の同級生殺害:体にも複数の傷 死因は窒息、刃物など準備か(毎日新聞)

15歳の高校1年生が殺害され、同級生(16)が逮捕された。
ふたりが通っていた高校では、全校集会が開かれたという。

一部報道によると容疑者は小学校時代、給食に薬剤を混ぜたことがあるとのこと。
遺体は頭部と手首が切断されていた。死因は窒息死だという。

何なんだこの事件は。

刃物などが準備されていた点などから、事件は計画的と見られる。
二人の間に何があったのか。

ネット上では、加害者の家庭について情報が飛び交っている。
本当なのか、加害者の実名を出しているページも見られる。

夏休みだけど、生徒たちのショックは大きい。
事件のショックで10人が登校できなかった。

もし、私がこの高校似通っていたら。
さぞかし大きなトラウマを抱えただろう。

真夏に首筋が寒くなる事件だ

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


ラベル:佐世保 女子高生
posted by りゅうちゃんミストラル at 16:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

死者1000人のガザを救え!

やっとのことで停戦合意ができたガザ地区。
1000人の死者を出したが、調停のまとめ役不在が痛い。

 

ガザ情勢 死者1千人を超す、イスラエルが一時休戦を延長(CNN)

12時間という短い間での休戦合意。
停戦は、最低でも1週間は必要だ。

イスラエルは24時間の停戦延長に合意した。
しかし、ハマスは検討中で今後の動向が注目される。

パレスチナとイスラエルはともに憎悪が消えない。
圧倒的な軍事力を持つイスラエル軍に多くの人が殺されたパレスチナ。
一方、イスラエルは多くの国から見殺しにされてきた歴史がある。
その中で、アメリカはイスラエルとの関係から調停役としてふさわしくない。

不思議なものだ。
300名近い死者を出した先日のマレーシア航空撃墜事件。
世界はロシアに対して怒ったが、ガザではその3倍より多くの死者が出ている。

にもかかわらず、ニュースとしての扱いは撃墜事件のほうが大きいのではないか。
これは、国や地域によって人の命に大きな差があるということを意味している?

日本という国は、ハマスやイスラエル両方にとって離れた存在。
中立という意味ではアメリカなんかよりよほど仲介役に適している。

今の自民党政権は、集団的自衛権より国際貢献できる場所がある。
にもかかわらず、より狭い理解されないことをやりたがる。

ガザでの死は他の地域より軽い?

1000人の死者に対して無関心でいい?


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


ラベル:ガザ
posted by りゅうちゃんミストラル at 16:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

「ことり」小川洋子

小川洋子が孤独を表現したらこうなる。
独自の世界を描かせる事に関して、小川は優れた作家だ。

 

小川の小説は「最果てアーケード」「人質の朗読会」以来。
彼女の世界は無限だ。

「小鳥の小父さん」が亡くなった。
20年近く幼稚園で小鳥の世話をしていた彼。

彼には独自の言葉を話す7つ年上の兄がいた。
その言葉ポーポー語は、小父さんだけが理解できた。
逆に、兄は鳥の言葉を理解していた。

毎週水曜日には青空商店で棒付きのキャンディーを買っていた兄。
ポーポーというそのキャンディーの包装紙で鳥を作っていた。

大学で労働法を研究していた父は離れで過ごすことが多かった。
母は血液の病気で亡くなり、父も海で溺死した。
兄と二人の生活が始まる。やがて兄も亡くなった。

小父さんは企業のゲストハウスで管理人をしていた。
図書館で鳥関係の本を読むことで知り合った女性司書。
彼女も結婚のためか小父さんと離れる。

やがて小父さんは老いて引退。
虫箱を持っていた老人と仲良くなるが、虫の死とともに小父さんの前から姿を消す。

老いた小父さんは、翼を骨折していたメジロを保護する。
生きがいが見つかった小父さん。

メジロの鳴き声で競技するという男と出会う。
競技会で小父さんは鳥籠のメジロを放ってしまう。

***** **** ***** ****

自分にとっての小鳥は何なのか。
私はそれを持っているのだろうか。

どうしてこの作品が本屋大賞に選ばれないのか。
まったく分からない。地味だから?静かな感動は認められにくい?

***********************
関連記事

# 「ことり」小川洋子

『ことり』/小川洋子 ○  

小川洋子・著『ことり』

『ことり』 小川洋子

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


ラベル:小川洋子 ことり
posted by りゅうちゃんミストラル at 16:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

「冷血」トルーマン・カポーティ

カンザスで起きた一家4人惨殺事件。
歴史に残るニュージャーナリズム(ノンフィクション)。

 

原題は「In Cold Blood」。1959年11月に事件は起きた。
農場主クラッター夫婦と2人の子どもが殺された。

犯人は二人の男ディックとペリー。
事件発生前は家族と犯人の動きが交互に描かれる。

4人は後ろ手に縛られ、散弾銃で撃たれ死亡する。
犯人2人はメキシコへ逃亡。

この事件を担当した捜査員はすぐに解決できず、苦悩する。
しかし、かつて刑務所で犯人二人と同房だった男の証言から一気に突破口が開ける。

犯行当時使われていた靴が証拠となって二人は絞首刑となる。
死刑制度や犯人たちの家族も丁寧に描かれ、とても興味深い。

***** **** ***** ****

作者のカポーティは「ティファニーで朝食を」で知られる。
この作品を出すまでに、どれだけの取材が必要だったか。
それを考えるだけでもこの本を手にする理由には十分。

この作品はノンフィクションではあるがナラティブ(物語)。
訳者あとがきにもそのことが書かれている(私が読んだのは佐々田雅子訳の新潮文庫)。

作家が書けばその時点で物語になる。
これは、オウムによるサリン事件を題材にした「アンダーグラウンド」。
この作品を書いた村上春樹が語っていたことでもある。

「アラバマ物語」の作者として知られるハーパー・リー氏。
彼女はこの作品の取材旅行に同行、冒頭で献辞を送られている。
カポーティとハーパー・リーは幼なじみだった。

爆笑問題の大田光は、この作品を読んで衝撃を受けたという。
以前読んだエッセイに出ていた。

この作品は現代の日本にも大きな影響がある。
というのも、裁判員制度があるからだ。

もしあなたがこの事件の裁判員だったら。
犯人二人を死刑とするだろうか。
今の日本なら死刑になる可能性は高い。

逮捕後、反省していないと語るペリー。
反省とは果たして何なのか。映画「ショーシャンクの空に」を思い出す。

キングの作品で言うのなら、「グリーンマイル」もそうだ。
後の作家、映画監督にもこの作品は大きな影響を与えたに違いない。

古いが今でも通用する問題が多い作品

読んでよかったと素直に感じる


***********************
関連記事

「冷血」にならざるをえない“書く”という行為の残酷… 『カポーティ』  

『冷血』について トルーマン・カポーティの業

トルーマン・カポーティ 『冷血』 高村薫最新作『冷血』を読む前に

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 14:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

台湾で航空機墜落、47人死亡

23日、台湾で復興航空(トランスアジア航空)の国内便が墜落した。
台風の中、無理な飛行計画があったのではないかと見られている。

 

台湾の旅客機墜落で47人死亡、台風直撃で視界不良(ロイター)

墜落したのは双発プロペラ機のATR72型。翼が機体の上部にある高翼機。
私の記憶では、ラオスなどで運行されている。
ウィキペディアによると、トランスアジア航空では10機保有しているらしい。

事故があったのは澎湖島で、台風10号が接近していたという。
この機には乗客54人乗員と4人が乗っていた。
11人が負傷し病院へ搬送されたという。

先日起きたマレーシア航空墜落事件が記憶に新しい今。
こうした事故が起きるのはとても残念。

もう事故はたくさんだ!

防げる事故は防ごう!


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


ラベル:台湾
posted by りゅうちゃんミストラル at 16:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

「屍者の帝国」伊藤計劃  円城塔

ワトソンとフランケンシュタイン。
その他いろんな人が登場する、よくわからん話。

 

舞台は19世紀末。始まりはロンドン。
この作品の世界では、「霊素」というものが存在している。

たった21グラムが生者と死者を分けるという設定。
早い話、この作品は過去におけるパラレルワールドを描いたSF。

屍者たちは、軍事用に広く使われていた。
ワトソンは軍医を志望。諜報員として世界を巡る冒険に出る。

話はアフガニスタンに飛ぶ。
書物は榎本が持っていたという話を耳にする。

カラマーゾフの兄弟が登場。レット・バトラーは「風と共に去りぬ」の人。
フランケン三原則とその次に出てきた三原則は「ロボット三原則」そのもの。

そして日本。ワトソンはコレラに倒れる。
大里化学で彼らを待っていたのは・・・

元大統領グラントの計らいで船に乗ることができたワトソンたち。
アメリカに到着する。

再びロンドン。
長い旅の終わりには何が待っていたのか。

***** **** ***** ****

伊藤は09年、34歳で亡くなった。
円城は、伊藤の家族から承諾を得てこの本を出したという。
プロローグは伊藤が書き、ほとんどは円城の手によるもの。

読んでいて不満だったのが、痛みの不在。
日本などの場面で人が傷ついたら、それなりの表現が必要ではないのか。
多くの人を登場させた半面、話に深みが感じられないのも残念。

正直、私にとってこの作品は1800円(税別)の価値はない。
図書館で読んでよかったと心から思う。
私は「虐殺器官」「ハーモニー」を読んでいないので、評価割り引いて考える必要がある?

***********************
関連記事

# 「屍者の帝国」伊藤計劃×円城塔  

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

関東地方、梅雨明け

22日、気象庁が関東地方の梅雨明けを発表した。
平年並み。

   向日葵(ヒマワリ)

梅雨明け:関東で平年より1日遅く(毎日新聞)

暑さは厳しく、今後は熱中症の対策がさらに必要となる。
特にお年よりは注意が必要だ。

熱中症からカラダを守ろう(大塚製薬)  

熱中症を予防しましょう(埼玉県)

こまめな水分補給で夏を乗り切ろう!

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


ラベル:梅雨明け
posted by りゅうちゃんミストラル at 16:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラックボックスはマレーシア側に

撃墜されたと見られるマレーシア航空17便。
回収されたブラックボックスがマレーシア側に渡った。

 

ブラックボックス、マレーシア当局の手に 親露派も停戦(AFP)

国際社会も動いている。国連は安保理が緊急会合を開いた。
撃墜に関して非難決議を採択した。

国連安保理、撃墜の非難決議を採択 現場保存など求める(CNN)

一方、オバマ大統領はロシアのプーチン大統領に圧力をかけている。
これはロシア側も当然協力すべきだ。

オバマ米大統領、マレーシア機調査で露大統領に要求(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)

この件に関し、多くの国がウクライナに注目し続けるべきだ。
そうでなければ真相の解明などできはしない。

再発防止のためにも、事件の徹底究明を!

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

「陰翳礼讃」谷崎潤一郎

日本家屋と陰翳について谷崎が語った。
私が忘れている世界がここにはあった。

 

光あるところに影がある。
だからこそ部落差別でも「人の世に熱あれ 人間に光あれ」という言葉がある。

トイレについて、これほど語れる人がどれだけいるのか。
それだけを考えてもこの作品の価値はとても高い。

谷崎はこう語っている。
「四季折々の物のあわれを味わうのに最も適した場所」
(本文より引用)

我々現代人は、トイレについて実用的な部分ばかり見ている。
誰がトイレに「風流」を求めているか。

***** **** ***** ****

私が読んだのは岩波文庫の随筆集。
解説は篠田一士。「逆説的な真意」という視点は興味深い。

安易な「日本への回帰」という見方を篠田は強く否定している。
この評論を読んだ方の中で、どれだけの人がそう感じているか。

読んでいて思い出したのが「アイヌ神謡集」で知られる知里幸恵。
彼女は18歳にして、失われつつあるアイヌの文化について残そうと努力した。

我々は「アイヌ神謡集」の序文からアイヌの文化が失われつつあることを知った。
その反面、今までの日本文化が失われつつあるということを忘れてはいなかったか。
失われる物はどこにあるのか、「他人事」にしてはいなかったか。

もし谷崎が現代を見たとしたら、どのような評価をするだろう。
考えると時間がいくらあっても足りない。

***********************
関連記事

60夜『陰翳礼讚』谷崎潤一郎  

谷崎潤一郎「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」感想

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

高速バスに刃物男、現行犯逮捕

20日午後、福岡県直方市から福岡市に向かっていた高速バスに刃物男が出た。
コースを外れて直進しろと要求。その後逮捕された。

 

バスに「直進しろ」と刃物男、県警が追跡・逮捕(読売新聞)

26歳の男は太宰府インターチェンジ手前で県警の捜査員に逮捕された。
乗客などにケガはなかった。

何のためにこうした事件を起こしたのか。
薬物を使っていた?何か目的があった?詳細は不明。

何なんだこの事件は?

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


ラベル:高速バス
posted by りゅうちゃんミストラル at 18:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

倉敷の不明女児を保護、男を逮捕

19日夜、倉敷市で不明となっていた小学5年生の女児が保護された。
この件で49歳の男が逮捕された。

 

倉敷女児不明:自宅で監禁の49歳男逮捕 女児は無事保護(毎日新聞)

とにかく保護されたという報道を見て安心した。
今後、詳細は明らかになるだろう。

よく分からないのが、保護された女児。
男の家でパジャマ姿、テレビを見ていたそうだ。
ふたりは「仲良し」だった?

容疑者の映像も報道されておらず、不明な点が多い。
もしかして逮捕が「余計なお世話」だった?

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

マレーシア機墜落、武装集団が監視団を妨害!

親ロシア派によるミサイルでマレーシア航空機が墜落したとみられる件。
現場では、武装集団が監視団を妨害したという。

 

武装集団、マレーシア機墜落現場で監視団を妨害(読売新聞)

妨害したと伝えられているのは親ロシア派武装集団。
ただでさえ真相究明が困難なロシアを背景にしているこの件で、早くも暗雲が見えている。

日経は、欧州安保協力機構(OSCE)調査団に対する威嚇射撃があったと報じている。

親ロ派、墜落現場の調査団を妨害 威嚇射撃も(日経新聞)

もし、この飛行機に乗っていたのが自分の家族だったら。
それでも武装集団は妨害しただろうか。

こいつらには血も涙もないのか?

国際社会はこの件でロシアに圧力をかけるべきだ。
ウクライナで何が起き、どうして300人近い命が失われたのか。
それをはっきりとさせることが最も重要。

こんな事件は二度と起こしてはならない

各国は真相究明のため協力せよ!


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

マレーシア航空機、ウクライナで墜落

17日、マレーシア航空の777型機がウクライナで墜落した。
ミサイルによる撃墜と見られる。

 

マレーシア航空機、撃墜か ウクライナの国境付近(asahi.com)

墜落したのはアムステルダム発クアラルンプール行きのMH17便。
乗客280人全員が絶望と見られる。

乗客のうちオランダ人が154人と最多。オーストラリアも27人乗っていた。
乗員15人は全員マレーシア人と見られている。
国際エイズ学会が豪メルボルンで予定されており、この参加者も多く含まれる。

航空各社はウクライナ上空を通らないようルート変更を検討している。

各国航空会社がウクライナ上空の飛行回避、マレーシア機墜落で(ロイター)

撃墜したのは親ロシア派と見られている。
ブラックボックスもモスクワに送られる予定という報道がある。

マレーシア航空と言えば、今年3月にクアラルンプール発北京行きの370便が行方不明に。
累積赤字を抱える企業としては大きすぎる打撃だ。

いくらウクライナで戦闘が行われていようとも「間違って撃墜した」では済まない。
高度1万メートルを飛行中だったMH17便。
今のところ飛行禁止空域を横切っていたなどの情報は見つからない。

何なんだ、この事件は

国際社会は真相究明に動け!


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

倉敷小5女児不明、捜査範囲狭まる

14日から小学5年生の女児が不明となっている件。
目撃情報が複数あるという。

   目

倉敷不明女児、若い男と立ち話 自宅近くにシルバーの車(asahi.com)

近所の男子児童は、不審な車を目撃していた。色はシルバー。
警察ではこの車を追っている。

また、若い男が女児を放しているのも児童に目撃されている。
女児が持っていた携帯電話のGPSからも14日の足取りが明らかになっている。

母親も、付きまといがあったとして警察に相談していた。
4桁のナンバーを記憶していたという母親。

岡山の小5不明 付きまとい、県警に相談(日経新聞)

この事件、これだけ材料がそろっているのだから何としても解決しなければ。
当ブログとしては、少しでも情報を寄せられるよう協力したい。

無事、帰ってきてほしい

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


ラベル:倉敷 小5 不明
posted by りゅうちゃんミストラル at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツのガウチョダンスは大いに問題あり!

W杯で優勝したドイツ。
喜んで披露したダンスが国内からも批判されている。

 

W杯ドイツ代表 V戦士 相手見下すダンス(東京新聞)

敗者に対する最低限の礼儀は必要だ。
この件は、日本と韓国に置き換えれば容易に理解できる。

えっ?日本がW杯で優勝することはまずないから関係ない?
それは大きな間違いだ。

アジアカップなどで似たようなことを起こすかもしれない。
ドイツで起きたことは、日本でも起こりうる。

サッカーファンで知られるアンジー(メルケル首相)はこの件をどう思っているのか。
少なくともドイツ国内のメディアから批判が出ていることは救いだ。

他国の非礼を見て日本も学ぶべき

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

「晴天の迷いクジラ」窪美澄

精神的に追い詰められた3人が、湾に迷い込んだクジラを見に行く連作短編集。
この作家の作品は「ふがいない僕は空を見た」以来。

   向日葵(ヒマワリ)

「ソラナックスルボックス」

半人前デザイナーの由人は仕事が忙しく、恋人のミカに捨てられた。
先輩に言われて医師の診察を受ける。うつとの診断で薬の世話になる。

勤務している会社は経営が傾いていた。
社長の野乃花に怒られ、由人も限界に達していた。
練炭を持って自殺しようとしていた社長と由人はクジラを見に行くことに。

「表現型の可塑性」

今度は野乃花の物語。
海辺で育った彼女は、絵が得意だった。

漁師の父と缶詰工場で働く心臓が弱い母。
高校教師の紹介で、絵画教室に通うことになった。

講師の吉則と体の関係になり、妊娠。
結婚したが娘を出産した後、家を飛び出す。

このエピソードで気になったのは135ページ。
経理の畠が「別れた奥さんが」と言う場面。

自分の元妻のことを「奥さん」と言うのだろうか。
「妻」や「女房」ではないのか。細かいことのようだが気になった。

「ソーダアイスの夏休み」

正子は母の過干渉という環境で育った。
姉がいたものの、赤ん坊の時急死した。

父の仕事上の都合で引越しが多かった彼女の家。
高校でバンドを組もうと海老原に誘われた正子。

海老原の姉、忍と出会う。忍は骨のガンだった。
二人と仲良く慣れたにもかかわらず、忍は死亡。

正子は拒食症の上、引きこもりとなる。
久しぶりに家を出た彼女は、由人と野乃花の車に乗る。
両親の知らぬままクジラを見に行く。

「迷いクジラのいる夕景」

クジラが迷い込んだのは、野乃花が住んでいた地域だった。
正子は野乃花の娘ということにして、出会ったおばあさんの家に滞在する。
そこへ正子の両親がやって来て・・・

***** **** ***** ****

小説というのは何なのだろう。
単なる娯楽か、それとも役に立つ存在なのか。

「自殺予備軍」の方々がこの作品を読んだら。
少しは救いになるのか、それともならないのかが気になる。

由人と正子は自己主張ができないことから精神を病む。
言いたがりも困るが、言えない人の重圧は相当なもの。

母との関係もこの作品での重要なポイントだ。
病気は家族がもたらすことも多い。

***********************
関連記事

# 「晴天の迷いクジラ」窪美澄  

■[本]【読書感想】晴天の迷いクジラ

死を思いながらも、

「晴天の迷いクジラ」/窪 美澄(著)

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

ドイツ優勝とW杯の課題

延長戦とはいえ、予想通りドイツが優勝した。
今大会を振り返る。

 

ブラジル大会が示した『W杯』の価値
FIFAW杯2014ブラジル大会総括(yahoo)


アルゼンチンは「負けたくない想い」で試合に臨んだ。
赤い勝負服を着たアンジー(メルケル首相)の歓喜は試合そのものを伝えている。

大会MVPはメッシ。私なら、ドイツのGKノイアーを選ぶ。
ノイアーは最優秀GKに選ばれた。

***** **** ***** ****

大会を振り返る。

スペインが去り、イングランドもグループリーグで沈んだ。
あのポルトガルでさえドイツには4失点した。

大会を盛り上げたのは、コスタリカ。
ベスト4入りを決めれば、90年のカメルーン旋風を思い出す快挙だったのに。

エースを欠いた開催国ブラジルは大敗。
王国には何が足りなかったのか。

決勝トーナメントでは延長戦に入る試合が続いた。
4試合でPK戦突入というのも大きな特徴だった。

我が日本は優勝を選手たちが口にしながらグループリーグで敗退。
ザックも責任を認め辞任した。

アジア勢は豪州を含め決勝トーナメントに残れず。
今後、アジア枠の減少が議論されるはずだ。

選手、スタッフや審判たちはお疲れ様

2018年に再び会いましょう


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


ラベル:w杯 ドイツ
posted by りゅうちゃんミストラル at 17:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする