2014年06月17日

「シティ・オブ・グラス」ポール・オースター

「幽霊たち」「鍵のかかった部屋」と続く、ニューヨーク三部作の第一弾。
先の読めないストーリー展開はいかにも彼らしい。ネタばれあり。
 

主人公は作家のクィン。35歳で妻子とは死別。
間違い電話から探偵「ポールオースター」になりすまし、元教授を追う。

長年、コロンビア大元教授に閉じ込められた息子。
その元教授が刑務所から帰ってくる。

駅で元教授を見つけたクィン。
尾行するが、息子のところには行かない。散歩して過ごす。

元教授と直接接触することにしたクィン。
ドンキホーテなど、不思議な会話が始まる。

ある日、元教授を見失ったクィン。
仕方なく、少年の家を見張ることに。
浮浪者となっていくクィンは、「ムーンパレス」の世界そのまま。

その後、元教授が自殺したことを知る。
自分のアパートには、知らない女性が住んでいた。

***** **** ***** ****

読んでいて感じたのが、この作家がどこまで先を読んでいたのかということ。
作家自身、「よくわからない結末」に向かっていたのではないか。

最後に登場する、クィンの赤いノートを読んでいたのは誰か。
それすら定かではない。

もうひとつ感じたのが、村上春樹への影響。
「名前をつける」という部分は、春樹に作品にも出てきた。

この作品、「ガラスの街」として柴田元幸氏の翻訳が出ている。
残念ながら図書館には柴田訳が無かった。
比較する意味でも読んでみるべきかも。

***********************
関連記事

『ガラスの街』 ポール・オースター著 柴田元幸訳 (新潮社)

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 16:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。